家庭教師に向いている人とは

分析ができる

家庭教師には分析力も必要です。生徒によって学力が異なり、性格にも違いがあります。つまり、自分の受け持つ生徒をきちんと分析し、どのような指導が生徒にとって最も良いのかを考えなくてはならないのです。

分析ができないと、どの生徒にも同じような指導をしてしまうかもしれません。しかし、生徒によっては理解力が乏しいこともあり、性格的にムラがあることもあります。最初から高いモチベーションで勉強に臨める生徒もいれば、スロースターターな生徒もいるでしょう。しっかりと生徒のことを分析できないと、効率のよい指導はできません。細かいところまで分析できる家庭教師なら、生徒にマッチした指導が可能となるでしょう。

分析をするためには情報が必要です。初対面の生徒だとどのような性格なのか分からないでしょうが、指導しているうちに少しずつ分かってくるはずです。授業中に感じたことをノートやメモ帳などに記録しておき、帰宅後にまとめてみましょう。授業を重ねるごとに集まる情報は多くなるので、その都度分析するようにしてください。分析するだけでなく、そこから導き出した答えをきちんと授業に活かしましょう。分析と実践を繰り返すことで精度の高い授業もできるようになります。