家庭教師に向いている人とは

一定の学力がある

家庭教師は生徒に勉強を教えるのが主な仕事なので、学力は必要です。生徒よりも学力が低いとなれば当然指導はできないため、一定の学力を有していることが家庭教師になるためには必要なことです。

では、具体的にどれくらいの学力があればよいのかということですが、これは所属する会社によってまちまちです。アルバイトや派遣社員、正社員など家庭教師はさまざまな業務形態がありますが、基本的には会社に属し、そこから契約した家庭に派遣されます。家庭教師にどれくらいの学力を求めるかは会社によって異なるので、面接を受ける前に確認したほうがよいでしょう。

また、家庭教師を派遣する会社に登録したときには、事前に研修が行われることが一般的です。研修では学力のチェックはもちろん、ビジネスマナーなども覚えなくてはなりません。指導方法が統一されていることもあるので、そのような場合だと研修で指導の仕方についても学びます。受験生の生徒を受け持つ場合だと、受験システムや出題の傾向などについても把握しなくてはなりません。これらも、会社の研修で学べることが多いです。一般的には、受け持つ生徒が志望する学校以上の学力や学歴が求められますが、会社によって異なるので事前に確認してください。